ステンレス製つまみねじの基礎知識~ねじは未来と人を繋ぐ存在~

外す方法

工具

ステンレス製のつまみねじはとても丈夫なので様々な部分に利用されています。そんなつまみねじが綴れてしまうとなかなか外すことが難しくなってしまうので、良い方法を伝えます。

» 詳しく読む

締め方の違い

ネジ

つまみねじには様々な種類がありますが、一般的によく利用されているのがステンレス製のものです。そんなつまみねじの締め方や用途を確認して注文してみましょう。そうすることで最適な使い方ができます。

» 詳しく読む

プラスとマイナス

ねじ

ネジにはプラスとマイナスがありますが、その意味を理解している人はプロであっても少ないのです。ステンレス製のつまみねじにもこのような違いがあるので、どんな意味があるのか解説します。

» 詳しく読む

ねじの区別

ねじの種類

工具

基本的にねじは円錐、円筒になっていることが多く表面の溝はスパイラル状に加工がされており、モノに穴を開け差し込みながら締め付けることができるようになっています。基本的な使い方はドライバーを利用してモノを接続、固定するために利用されるのです。また一部のねじには、モノの長さを測定するために利用される場合もあります。このようにねじといっても様々な使い方ができるのは、ねじの種類が違うからなのです。
ねじの中でも特に有名なものが、小ねじと呼ばれるタイプのねじで、その名の通り、小さなねじのことです。
頭部のねじ山はプラスとマイナスになっており、それぞれ違いがあります。止めねじと呼ばれるタイプは機械などの回路を止める場合に利用されています。一般的なねじであれば、先端は円錐状になっており、刺しやすくなっているのですが、止めねじの場合は平になっているものや丸型になっているもの、くぼみがあるものなど違いがハッキリ分かります。頭の部分がないものを基本的に止めねじと呼ぶので覚えておきましょう。
頭が特殊なカタチをしていることで有名なつまみねじはドライバーを使わずとも手で締めることができるねじとして有名です。これは頻繁に調節が必要な部分やドライバーを使わずともそこまで強く締めることが必要ない部分の接続に使います。気ねじと呼ばれるものは先端が長く尖っており、その名の通り木材によく利用されているのです。
ねじの素材は様々なものがあり、ステンレス、チタン、クローメートなどが有名です。
ステンレスは引張強度も強く、サビにも強いとして様々な場面で活躍しているネジです。